読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物KIMONO 襦袢はカッコイイ!

 

f:id:kimono37konomi:20170404224231j:plain

単衣の襦袢

5月・6月・10月・11月に着る

ウールなので肌触りが良く軽い。

一抹模様で仕立てやすい柄と素材です。

現代的な柄なので昭和中期頃の素材と思われる。

ウールはとても縫いやすいのです。

針が進みやすいので縮緬と言う絹の素材があるのだがスピードがまるで違う。

着物は絹針と絹糸を使う。針は「四の三」を使う。

教室によって違うのかもしれないが、男仕立ての先生は「四の三」を使っていたので私もそれしか使わない。針目が均一になるので丁度良いと思う。

 

 

f:id:kimono37konomi:20170404223936j:plain

 

f:id:kimono37konomi:20170404224106j:plain

袷の襦袢

11月・12月・1月・2月

寒い日に袷の襦袢を着る

生地は絹。絵柄は竹で真っ直ぐ伸びる強さを表現しています。

男物の着物・襦袢・羽織には粋と強さを表現したものが多い。

昭和の中頃まで(地方によっては今でも)男子は家督を継ぐ者で大事な跡取りになるため丈夫に育って欲しいという親心を表しているものが多い。

男の子は子供のころは弱く病気になりやすいと言われていたので大事に育てられた。

昔の嫁は男子を産まないと肩身が狭く、男子を産むとほっとしたものだ。

家督を継ぐ習慣があったので、家を守り続けるのが男子と思われていた。

私の母の実家はお婆さんが権威があり、家も土間があり男子は畳の上で座り囲炉裏の傍で、お婆さんはその近くに座り、板間に使用人と嫁子供が座っていた。

それが普通だったので当時は何も思わなかったが、今では考えられない。

昭和から平成になり平和な時代になったと心からそう思う。

 

 

 

f:id:kimono37konomi:20170404223852j:plain

日本庭園の様です。

素材は絹

色が素敵ですね。

それぞれ特徴がある襦袢です。

男性の着物は裏や襦袢・羽織の裏に注目です。

 

http://kitsuke.bw-company.com/